沖の島釣行 112回目(2019年02回目)


沖の島釣行112回目(2019年02回目)

2019年01月10日(木)
岡崎渡船/一ツバエ
黒ハエのウラ(二並島)
出船 05:30 納竿 14:30
乗船客 8名
曇り
最高 14.3℃ 最低 2.6℃(宿毛)
水温 20.0℃
潮 上り (中潮)

直前の日程変更でしたので、行きの運転が少し不安でしたが、考えてみますと、普段も寝るのは2~3時くらいなわけで、眠たいはずはありませんし、余裕で間に合うことも分かっていましたので、いつもと同じように、楽しみながら運転出来ました。
もっとも、帰りに関しましては、何度も休憩しながら、ゆっくり帰ることになりましたが。
取り敢えず、前日の17時に出船決定の連絡が入っても、そこから十分対応できるということが分かっただけでも大きいかなと。

今週も、一ツバエ回り
前回と同じウノクソでリベンジというのも面白そうでしたが、ぱっと見た感じでは、潮があまり動いていませんでしたし、今回は、磯がガラ空き状態だったこともあり、二並島回りの黒ハエのウラに上げてもらえました。
 磯の紹介 黒ハエのウラ/二並島

ここは、潮通しがよく、上物の実績も高い磯なのですが、僕は、これまでに4回上がって、まだ、イサギすら釣ったことがありません。
いわゆる、苦手としている磯の一つで、果たして、今回は、グレとかイサギとかを釣ることが出来るのか。
潮は、上りのようですが、沖の方はともかく、手前の方はあまり流れていない状態。
取り敢えず、磯の西側を釣り座にして、釣りを開始してみます。

使用します竿は、PROTECH 1.5-500
遠投をして、沖の方を流れている潮の中を。
そう思ってはみたものの、狙いのポイントが思った以上に遠く、しかも、潮の向きが微妙なため、上手く流していくこともできず、この攻め方は、早々に断念し、磯際狙いに切り替えてみます。
足下付近には、シラコダイがたくさんいて、厄介そうにも見えますが、初夏のような状況ではありませんので、何とか釣りになりそう。

とはいえ、所詮は、僕の腕。
グレが釣れたとしても、30cmくらいまでのリリースサイズばかりで、サイズが伸びません。

なので、何のキープもないまま、弁当船の時間を迎えることになってしまい、磯代わりすることも考えてみたのですが、少しずつ潮が変わってきており、グレはともかく、イサギを狙うなら、このまま残った方がよいという船長の指示があったため、後半戦も、この磯で頑張ることに。
釣り座を東側に変え、イサギ狙いで、釣りを再開しますと、魚の活性が上がったのか、餌取りの猛攻が始まります。
そして、これに、キツとかサンノジが加わり、たまに、30cmちょいのグレも混じりますので、それなりに楽しいのですが、肝心のイサギは、一向に姿を現しません。
こんなことなら、前半戦にリリースしました小さめのイサギをキープしておくんだったと、後悔をし始めました13時頃、急に潮が速くなってきて、目の前をガンガンと流れるようになってきます。
そして、それと同時に、イサギの入れ食い状態がスタート!

すぐ目の前に仕掛けを投入し、張り気味にしながら、流していきますと、磯の東の先端を越えた辺りで、引ったくるように掛かってきます。
しかも、一投一匹に近いペースですから、クーラーに入れる時間が勿体なく、バッカンに氷と水を入れ、釣れたイサギを、ぱっと締めて、その中に放り込むという、まさに作業のような釣り。

とはいえ、僕の腕ですので、バラしもありますし、速い流れの中で掛けているため、取り込むのにも多少時間が掛かり、あまり数が伸びませんでしたが、それでも、1時間弱で、ちょうど10匹。
僕にしては、上出来の釣果です。
正直、ギリギリまで粘っていれば、あと数匹は釣れたと思われるものの、一番最初の迎えとも聞いていましたし、たくさん持って帰っても食べきれませんから、14時には納竿としました。
ということで、登録サイズのグレは釣れませんでしたが、イサギの入れ食いを堪能でき、ウキなどのロストもなく、楽しい時間を過ごせましたので、今回の沖の島釣行も、大満足!!です。

僕が上げてもらっていました磯の沖の方にありますスクモバエ。
ここでは、お二人で、イサギ50匹超の釣果があったとか。
また、黒ハエ船着き、裸島などでも、イサギがよく釣れていましたし、一ツバエ回りの平バエでは、45cmオーバーを含むグレ数匹の釣果、ビゼンバエのトーフでもグレ9匹!
さらに、グレは、大小島、ノコバエ周辺でも、よく釣れていたようです。

さて、来週は、金曜日を予定しています。
出船も決まっているようですし、少々の悪天候でもキャンセルにはならないと思われますので、今回は、割と気楽な気分です。
なお、来週は、川之江東~大豊の区間が通行止めとなっていますが、今週よりも2時間以上早く出発できる予定になっていますので、全く問題ないでしょう。



関連記事

  1. 沖の島釣行 128回目(2019年18回目)

  2. 沖の島釣行 054回目(2017年18回目)

  3. 沖の島釣行 340回目(2024年10回目)

  4. 沖の島釣行 145回目(2019年35回目)

  5. 沖の島釣行 317回目(2023年27回目)

  6. 沖の島釣行 332回目(2024年2回目)

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930