沖の島釣行 047回目(2017年11回目)


沖の島釣行 47回目(2017年11回目)

2017年05月12日(金)
岡崎渡船/三ノ瀬
・赤崎2番(三ノ瀬)
ヒカリの親(二並島)
出船 04:00 納竿 13:30
乗船客 20名(泊まり6名)
曇りのち晴れ
最高 24℃ 最低 18℃(高知西部)
水温 20.7℃
潮 上り (大潮)

2週間ぶりの沖の島
GW明けの平日ですし、お客さんが少ないかなと思っていましたが、行ってみますと、何と20名!
賑やかなのは悪くありませんが、ここまでになりますと…
でも、ここ最近は、青物が好調ですし、やはり、釣れているかどうかというのが、客足に大きく影響しているのではないかと。

僕が上げてもらった磯は、赤崎2番
初めての磯です。
攻めるポイントなどは、全く分かりませんが、朝一のチャンスタイムですから、急いで青物タックルを準備し、沖の潮目を狙ってみます。
が、潮目までは、思ったよりも距離があるようで、全く届きません。
また、磯の裏側も、多少のサラシはあるものの、ベイトの気配もありませんし、ヒラスズキには期待薄といった感じ。
小さな独立磯ですから、移動も出来ず…
これは、青物の回遊に期待して、投げ倒すしかなさそう。
そう思いながら、黙々と投げ続けていきますが、魚からの反応は皆無ですし、赤崎の地に上がられたルアーの方も、竿を曲げておられる様子はありません。
少し前までよく釣れていたといっても、青物なんて、1日単位で状況が変わることも多いですから…
これは、ヤバい状況かも?
早くも諦めムードが漂い始める中、狙う方向を少し変えて、母島港の方向を狙ってみますと…
コンッと、何かが当たったような感触があります。
周辺には、たくさんのゴミが浮いていましたので、最初は、それに触れたのかなと思っていましたが、そのまま巻き続けていますと…
今度は、ゴン!という明確な当たり。
大きくはなさそうですが、間違いなく、魚です。
この渋そうな中での貴重なヒット
逃すわけにはいきませんので、慎重にやり取りをして、しっかり弱らせてから、ランディング
釣れたのは、5kgクラスのハマチ

微妙なサイズですし、4月後半のように絶好調の時であれば、リリースも考えたのでしょうが、今回は、かなり渋そうな状況。
これ以上釣れないことも十分考えられましたので、キープすることにしました。
そして、これが大正解。
この後は、当たりどころか、魚の気配すらなく、早々に、磯代わりを決断。
弁当船で、ヒカリの親に連れてきてもらいました。
 磯の紹介 ヒカリの親/二並島
ちなみに、すぐ隣にありますヒカリの子は、何度か上げてもらっていますが、このヒカリの親は、今回が初めて。

こんなに近いわけですし、ここでもきっと青物が…
そう期待してみたものの、どうやら、ヒカリの子とは反対の潮が本命のようで…
しかも、ベイトも見当たりません。
磯の裏側も、静かな感じですし…

何となく、嫌な予感。
そして、それが的中してしまい、掛かってきたのは、ヤガラのみ。
ひたすら投げ倒したにも関わらず、青物の反応は、1度もなく。
見事なまでの完敗。
ただ、上手く狙えば、何らかのチャンスはあったと思われますし、それこそ、この周辺は、根魚がよく釣れるエリアですので、それを狙うという手もあったはず。
というか、根魚は、狙ってみたものの、2回投げて、2回友根掛かり。
しかも、持ってきていたジグヘッドが2個のみでしたので、わずか2投で終了。
技術不足だけでなく、こういう部分も、僕が釣れない原因なのでしょう。
というわけで、今回はの釣果は、前半に釣れた1匹のみ。
かなり残念な結果に終わったわけですが、楽しかったのは間違いありませんし…
今回の沖の島釣行も、大満足!と言ってよいでしょう。

そういえば、フィッシュオンさんのサイトには、当日が上り潮だったとの記述がありました。
しかし、どう考えても、上りの潮ではなかったのですし…
船長に聞いてみましたら、あまり潮が動いていなかったとのこと。
今回は大きな潮の日でしたから、満ち引きが影響したのかもしれませんし、沖の島の場合、エリアによって潮の向き、速さが変わることも珍しくありません。
こういった部分が、釣りを難しくしているのですが、僕の釣りは、運任せの釣りが基本ですので、あまり気にしないようにしましょう。

しかし、ブリの祭りは一段落?した様子です。
場所によっては、爆釣しているようですが、あちこちでバンバン釣れるといった感じではなさそう。
ただ、おかしな話ですが、簡単に釣れる状況って、数回体験しますと、かえって嫌になるもので、個人的には釣れにくい状況の中の方が好きかもしれません。
また、これからは、シイラやカンパチ、それにロウニンアジなど、大物狙いが面白くなる時期
楽しみです。
もっとも、その一方で、出船の可能性が低くなっていく辛い時期にもなりますが…
なお、来週も、もちろん行く予定にしています。



関連記事

  1. 沖の島釣行 316回目(2023年26回目)

  2. 沖の島釣行 062回目(2017年26回目)

  3. 沖の島釣行 339回目(2024年9回目)

  4. 沖の島釣行 332回目(2024年2回目)

  5. 沖の島釣行 055回目(2017年19回目)

  6. 沖の島釣行 309回目(2023年19回目)