沖の島釣行 081回目(2018年12回目)


沖の島釣行 81回目(2018年12回目)

2018年04月13日(金)
岡崎渡船/姫島南
・穴の口前(姫島南)
・大バエ(ムロバエ)
出船 05:00 納竿 14:30
乗船客 7名(他船のお客さん3名含む)
晴れ
最高 22℃ 最低 15℃(高知西部)
水温 19.5℃
潮 上り

今回は、ブログを書くのをやめようかと思ったほど、何もありませんでした。
まぁ、それでも、一応、書きますが、とにかく、残念な結果でした。

今回は、姫島南回り
前半戦の磯は、穴の口前、初めて上がる磯です。

冬場の上物には人気のある磯とのことでしたので、上物から始めたい気持ちもありましたが、この時期の朝一にルアーを投げないという選択はなく、青物狙いから始めます。
が、しばらく投げ続けてみるものの、青物からの反応はなく、釣れそうな気配も感じません。
潮は、そこそこ動いているのですが、潮色があまり良くないように見えます。
先々週まで良くない色で、先週頃から、やっと良い感じの色になってきたと聞いていましたが、今週はまた緑っぽい色に戻っているようです。
おまけに、ベイトも見えませんし、今回も厳しそうな予感がします。
というか、予感というより、確信に近いもので、当然のように、青物空のコンタクトはなし。
また、上物の方は、開始した直後に弁当船が見えたため、ほぼ何も出来ていない状態。
そういえば、途中、奥の方に行ってみたのですが、これが穴の口という磯の名前の由来になったものでしょうか。

こういうのが見られるのも、沖の島の魅力の一つです。
ということで、弁当船で磯代わりするわけですが、連れていってもらったのは、大バエ

ルアーではよく上がっている磯ですが、上物の方はどうなのでしょう?
2月に上げてもらった際には、当たりが1回あっただけ。
あれから2ヶ月、上物での釣果は、ほとんど聞いていませんし、そもそも、上物の方は、ほとんど上がられていないのではないかと。
ですが、過去には、大型尾長の実績もあるようですから、それに期待してやってみるものの、餌を撒いても魚が見えてきませんし、さし餌はずっと残ったまま。
釣れる雰囲気が、全く感じられません。
流すポイントを変えてみたり、タナを変えてみたり、仕掛けを変えてみたりと、自分なりに色々とやってみましたが、本当に何も釣れません。
かなり時間が経って、やっと魚の反応があったと思えば、ウスバハギ。
なお、これは切られてしまいましたが、その際に、竿に異変を発見。
先週直してもらった時でしょうか、上から4番目のガイドが見当たりません。
こういった事って、すぐに気付きそうなものですが、なかなか気付きませんでした。
いかに適当に釣りしているのかの証拠かなと。
ただ、このまま使うわけにもいかず、予備のロッドに変更とも思ったのですが、上物を続けても釣れる気がしませんし、ここで本日の上物は終了。
まだ12時にもなっておらず、餌も半分以上残っていましたが、よいでしょう。

そして、残りの時間は、ひたすらルアーを投げ続けます。
が、青物も、ヒラスズキも、まったく顔を出してくれず、釣れたのはヤガラのみ。
ということで、今回は、完全なボウズ。
元の場所に残っていたらとか、別の場所に上がっていたらとか、そういった思いがないわけではありませんが、今回は、他の場所に上がられた方も、ほとんど釣果がなかったようでしたので、結局は、どこに上がっていても同じだったのではないかと。
ただ、初めての磯(穴の口)にも上がれましたし、常連さん達ともたくさんお話ができ、楽しかったことは間違いありません。
なので、今回の沖の島釣行も、大満足です。

しかし、青物が釣れません。
僕が釣れないのは、技術的な面が左右しているとして、他でも釣れたという情報がまったく入ってこないのは気になります。
ここしばらく、どの磯でも、ベイトの気配を感じませんし、船長も、キビナゴがいないと言われていました。
キビナゴが接岸してくれたら、状況は変わってくるかもしれませんが、今年は厳しくなりそう?
少なくとも、昨年のように、沖の島海域のどこでも青物が釣れるといったことには、ならない気がしてます。
取り敢えず、来週は、青物のチャンスが高そうな三ノ瀬回り。
上物を休止して、ルアーだけで行くのもありかもと思っており、そもそも、上物の竿の修理が間に合うかどうか。
今朝、修理に持って行きましたら、部品(ガイド)が届くまでには、数日かかるとのことでしたし、来週には間に合わない可能性大。
また、予備の竿だけで行くのも非常に不安な気もしますから、ルアーだけで行くのが無難かも。
あと、来週は、夕釣りが二並島回りになりますので、残らないといけない可能性もあり、悩むところです。
もっとも、既に出船は決まっているようですから、行くことだけは間違いないと思いますが。

そういえば、GWが近づいてきました。
4日の金曜日は、お客さんが多くなることが濃厚。
というか、既に予約が入っている状況。
また、4日は一ツバエ回りで、磯により当たり外れも大きいですから、お客さんが多い時には、なるべく避けたいというのも本音。
さらに、4日は行き帰りの道路も、かなり混雑しそうですし、2日の三ノ瀬回りの日に変更をしようかなと、船長に聞いてみましたら、翌日の二並島回りとあわせて、多くなるだろうとのこと。
となりますと、どの日に変更すればよいのか。
ちなみに、去年のGW期間中は、釣りに行くのをパスしました。
青物の期待度が高い時期ですので、少し勿体ない気もしますが、今年は、上物を始めたせいもあり、青物に対しての執着心が薄いのも否定できません。
なので、今年のGW期間中も、パスするという選択もありそうです。



関連記事

  1. 沖の島釣行 334回目(2024年4回目)

  2. 沖の島釣行 066回目(2017年30回目)

  3. 沖の島釣行 085回目(2018年16回目)

  4. 沖の島釣行 321回目(2023年31回目)

  5. 沖の島釣行 109回目(2018年40回目)

  6. 沖の島釣行 332回目(2024年2回目)

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031