今回の状況/2023.08.18


今回、僕が上げてもらいました三ノ瀬スクモは、朝一に、モンツキが高活性でしたし、潮もよく流れ、小さいながらも、ベイト(キビナゴ)もいましたので、状況はよかったのではないかと思われます。

また、釣行記にも書きましたように、潮は下りで、弁当船の後くらいまでは、かなり速く流れていました。
ただ、昼前頃からは、上りに変わったようでしたし、潮の向きも考えますと、満ち引きの影響による潮だったかもしれません。
ちなみに、岬のハナに上がられていた方に聞きますと、あまり、潮が動いていなかったとのこと。
三ノ瀬の周辺って、他の場所とは違う流れになることも珍しくありませんので、僕の上がっていた場所が、特別だった可能性も否定はできません。

あと、他の場所での釣果ですが、岬のハナでは、タマメ、モンツキ、アカハタ。
タマメは、60cmまでのものを4匹!!
ワームで釣れたそうです。
また、スーパー堤防では、ハガツオが、4~5匹。
あと、姫島のマサバエでは、釣果こそ、聞きそびれてしまいましたが、ネイリが回ってきていたとのこと。
さらに、今回の釣果ではありませんが、姫島の北面では、ハガツオが釣れているようで、先日は、3kgクラスの大型も釣れたとか。
このハガツオ、割と、色々な場所で釣れているようですから、僕も、釣ってみたいものです。

なお、ここ最近は、台風の影響もあり、南側の磯は、ほとんど使えていないとのこと。
実際、この日も、三ノ瀬のスクモから見ていましたら、姫島の南面は、波で真っ白でした。
姫島に限らず、ムロバエ、ノコバエなど、南側には、大物狙いの夢がある磯が多いのですが、一度、台風が来てしまいますと、しばらく、うねりが取れず、なかなか使えないというのが残念な所。
ですが、それでも、タイミングが合えば、上がれる日もありますし、ずっと使われていなかった時とかは、絶好のチャンスになることもあります。
沖の島の場合、行ってみないと、状況が分からないということも珍しくないため、その日を狙っていくというのは、難しいかもしれませんが、南側の磯に限らず、大物のチャンスがある磯は、たくさんありますので、是非、チャレンジしてみて下さい。


関連記事

  1. 海中映像/ノコバエ/2024.01.26

  2. 海中映像/黒ハエウラ/2023.06.15

  3. 残念ながら

  4. 水汲みバケツの新調

  5. 海中映像/一ツバエ/2023.10.12

  6. 今回の状況/2024.02.09