沖の島釣行 073回目(2018年04回目)


沖の島釣行 73回目(2018年04回目)

2018年02月02日(金)
岡崎渡船/大小島
・白岩/ボラハナ(ムロバエ)
・白岩/白岩の地(三ノ瀬)
出船 05:30 納竿 14:30
乗船客 4名
晴れ
最高 12℃ 最低 4℃(高知西部)
水温 ?℃
潮 下り

前日の雪のせいでしょうか、片島港はいつもより寂しい感じ。
岡崎渡船さんも、僕以外のお客さんは、上物の3人組の方のみでした。
今回は大小島回り
季節風には強い磯回りなのですが、着いてみると南からのウネリが予想以上についていて、大小島の船着きには、波が駆け上がっています。
大潮の満潮時と重なっていることもあり、とても使える状況ではなく、大小島回りは断念し、白岩の方に回ることに。
大小島周辺は、ヒラスズキの実績が高い磯が多かっただけに、少し残念な気もしましたが、今回も上物をしますので、それなら白岩周辺の方がよいのかも。

で、僕が上げてもらったのは、ボラハナ
ベタ凪な割に風だけがあるという、ルアーにしては、あまり好ましくない状況。
ぱっと見た感じでは、ベイトの気配もありませんし、これだとルアーは厳しいかも?
とはいえ、弁当船まではルアーと決めており、何よりまだ餌が溶けていませんので、取り敢えず、ルアーを投げてみます。
が、予想通り、魚からの反応はなく、8時前になってやっと釣れたのが、ヤガラ

これは磯代わりだなと、そう思い始めた8時半過ぎ
ヒラスズキロッドで、小さめのジグを投げてみますと、ようやくお土産に出来る魚をゲット。

ただ、釣れたのは、この1匹のみで、釣るのがやっと。
さらに、風も強くなってきています。

まぁ、この時期の10m前後なんて、風と呼べるものではないのでしょうが、上物を始めたばかりの僕にとっては、この程度の風でも、相当厄介なもの。
これは、磯代わりするべきなのか。
船長と相談しようと思っていましたら、船が磯に着く前に、船長から「代わろう」という指示が出ます。
どうやら、この後、さらに風が強くなってきて、ここに残るのは厳しいとのこと。
ということで、移動させてもらったのが、白岩の地

ちなみに、この磯は、風裏になる磯ではありません。
北西風なら少しはマシになりますが、今回のような北風ですと、あまり風を遮ってくれないのが事実。
ただ、それでも、朝上げてもらいましたボラハナよりは釣りやすいと思われますので、早速、上物の準備をして。
というつもりでしたが、その前に、ちょっとだけルアーを。
実は、この白岩の地も、ヒラスズキの実績が高い磯の一つ。
無視する気になれなくて、1時間くらいルアーを投げてしまいました。
もちろん、何もありませんでしたが。
そして、10時半頃、ようやく、上物を開始!
まず、足下を中心に、撒き餌を投げてみますと、ワラワラと魚が浮いてきます。
というのは、釣り番組とかで見かける光景。
僕の場合、餌の撒き方が悪いのか、撒く場所が悪いのか、全く何も見えてきません。
もっとも、実際には、魚が浮いてきていて、僕がそれを見極めれなかったというのも否定は出来ませんが。
ですが、取り敢えず、足元付近を中心に、仕掛けを入れてみましたら、こいつが、やたらと掛かってきます。

引きは楽しめますし、前回のカラフルな魚と比べれば、見た目がグレに近いですから、このまま続けていれば、いつかは。
そう思いながら、釣りを続けていますと、12時半頃、ついに、この魚が。

これは、多分…
いや、間違いなく、グレでしょう。
映像とか、写真とかで見ますグレのようには大きくないものの、嬉しい1匹
ちなみに、帰宅後に測りましたら、34cm

上物師の方にとりましては、リリースサイズなのかもしれませんが、僕にとっては、記念すべき1匹目のグレ。
本当に、嬉しかったです。
そして、この後も、さらなる追加を期待して、釣り続けてみましたが、結局、釣れたグレは、この1匹のみ。
ただ、バラしたり、切られたりと、魚の反応は結構ありましたので、十分に楽しめました。
これは、本当に、はまってしまうかも。
あと、最初に上がっていましたボラハナで釣れましたオオモンハタ。
敢えて、書くのを後に回してみましたが、実は、これが、結構大きかったんです。

約50cm
長さとしても、自己記録ですが、それ以上に、とにかく太い!
これまで釣ってきましたオオモンハタは、もっとスマートでしたので、この体高を見た瞬間には、別の魚だと思いました。
もちろん、掛かった時の衝撃も大きく、根掛かりだと勘違いしたくらい。
ヒラスズキタックルでしたので、よく獲れたなと。
なお、帰宅後にグレと比較してみましたら、この違い。

記念すべき1匹目のグレが、かなり残念なものに見えてしまいます。
ということで、こんなのが釣れるようでしたら、ルアーも、まだまだやめられません。
というか、僕は、ルアーマンですので、このまま、ルアーを続けていくつもりです。
ですが、取り敢えず、今回は、ルアーも上物も楽しめ、大満足の釣行となったのは、間違いありません。

さて、来週ですが、もちろん行くつもりにしています。
ノコバエ回りですし、出船は、多分大丈夫でしょう。



関連記事

  1. 沖の島釣行 141回目(2019年31回目)

  2. 沖の島釣行 339回目(2024年9回目)

  3. 沖の島釣行 067回目(2017年31回目)

  4. 沖の島釣行 333回目(2024年3回目)

  5. 沖の島釣行 085回目(2018年16回目)

  6. 沖の島釣行 296回目(2023年06回目)

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930