持ち帰った魚は


今回の釣行では、35cmくらいの口太グレを1匹だけ持ち帰り。
ダービーの登録用に持ち帰ったもので、普段であれば、リリースすることが多いサイズですが、かなり太った個体。
捌いてみましても、予想以上に、脂がのっていて、これは、嬉しい誤算。
なので、今回は、刺身にしてみました。


ちなみに、左上の刺身が、持ち帰った口太の刺身。
右側の刺身と、左下のたたきは、金さんに頂いた尾長グレです。
こちらも、当然のように、脂がのっていて、美味しかったです。

なお、自分で釣った口太が1匹、金さんから頂いた尾長が2匹。
その魚から、これくらいの量の刺身しか取れなかったはずはなく、この写真の刺身は、自分用のもの。
残りは、家に持って帰りました。

しかし、前の週(2/13)に釣った口太の方が、今回の口太よりも大きかったのですが、脂がのって、美味しかったのは、断然、今回の方。
サイズだけでは分からないということかと。
あと、前回は海の状況がよくありませんでしたし、もしかしたら、海の状況で、釣れてくる魚の状態にも、違いが出るとか。
ただ、いずれにせよ、美味しいかどうかは、持ち帰って、捌いて、そして、食べてみないと分かりません。
釣りの技術もそうですが、魚屋さんのように、美味しい魚かどうかの目利きが出来るようになりたいものです。


関連記事

  1. この魚は

  2. 前回釣れた魚

  3. アニサキスライトの出番なし

  4. 今回の魚は

  5. 今回のイサギは

  6. いくら食用可能であっても