海中映像/裸島ナダレ/2024.04.17


裸島ナダレ/二並島


前々回(4/5)に続いての、裸島ナダレ。
ここ最近、裸島の各磯は、よく釣れており、日によっては、尾長が見えることもあるとか。
僕自身、前々回に上げてもらった際には、40cm弱の尾長が釣れましたので、今回は、サイズアップを狙ってみたものの、釣れたのは、口太とイサギのみ。
口太も、イサギも良型のものが含まれていましたから、僕にしては、上出来の釣果だと言えるのかもしれませんが、尾長を釣りたかったというのが正直な所でしょうか。
ただ、隣の磯(裸島のハナレ)では、尾長も釣れていたようですし、大きな尾長がよく釣れるのは、この時期のはず。
厄介な餌取りが、まだ少ないこの時期は、狙い目のポイントと言えるかも。
もっとも、裸島周辺が好調なのは周知の事実で、特に、船着きとハナレは、人気の磯になっているようですが。

今回は、前々回以上に、ウネリがあり、しかも、時間が経つにつれ、それが太くなっていっていましたので、GoProを入れにくく、上手く撮影出来ませんでした。
また、これは、僕のミスなのですが、GoPro本体の固定が緩かったようで、海中に投入した弾みで、カメラの向きが変わってしまっていました。
そのため、本体を固定しています補助具が映り込んでしまい、非常に残念な映像に。
しかも、そうなっていた時間は、比較的、魚が多く映っている時間でしたので、なおのこと、残念に思っている所です。
取り敢えず。朝一の映像だけは、映り込みがあるまま、載せてみましたが、その映り込みが、非常に邪魔に感じられると思います。
ご了承下さい。



GoProなら、海中映像が簡単に撮影できます。

【GoPro公式限定】HERO11 Black + SDカード 内正規品 ウェアラブルカメラ アクションカメラ ゴープロ11 gopro11 ヒーロー11


邪魔な映り込みのせいで、非常に見づらい映像になっているものの、魚がたくさんいることは確認できます。
グレもたくさんいますし、イサギもたくさん。
群れではなく、単体のようですが、青物(ヒラマサ?)の姿もありますし、朝一がチャンスだったのは、間違いなさそう。
そして、そのチャンスタイムに、僕は、ルアーを投げていたという。
ルアーも面白かったですから問題はないと言いたい所ですが、上物をしておけばよかったかなと思うのも事実。
ここ最近は、弁当船の前後くらいまでの釣果が多いようで、その後は、ぴたりと釣れなくなるなんてことも、よくあるとのことで、実際、今回の海中映像を見てみましても、後半には、魚がほとんど映っていません。
なので、朝一の時間は、集中して釣りをした方がよさそうですし、そういう意味では、朝一の時間に、ブログを書いたり、海中映像を撮影したりしている暇ではないとも言えそうです。

関連記事

  1. この魚は

  2. 釣行予定/2023.08.06

  3. 持ち帰った魚は

  4. 海中映像/黒ハエウラ/2023.06.15

  5. 出船が決まりました!

  6. 出船/2023.11.08

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031