海中映像/ノコバエ/2024.01.26


ノコバエ


上物、底物、ルアー、何でもありの、沖の島を代表する一級磯の一つ。
大型尾長の実績もあり、先日も、 60cm近い尾長が釣れたばかり。
もしかしたらと期待してみましたが、もしかしたらは、起こりませんでした。
それどころか、口太、イサギも釣れない完全敗北。
いつものように、一級磯を無駄にしてきたわけですが、当の本人は、全く気にしていないという。

9月に上げてもらった時もそうでしたが、ノコバエの先端は、波、地形などの関係で、海中撮影がしづらくなっていて、撮ってきました映像の半分近くが、岩しか映っていない映像でした。


また、GoProの向きがズレた状態で、撮影してしまった時間もあり、縦横比率の関係で、修正が面倒なため、そのままにしてある場面もあります。
そういった理由で、見づらい映像にはなっていますが、映り込むことが少ない魚も映っており、僕的には、面白い映像が撮れたかなと。


GoProなら、海中映像が簡単に撮影できます。

【GoPro公式限定】HERO11 Black + SDカード 内正規品 ウェアラブルカメラ アクションカメラ ゴープロ11 gopro11 ヒーロー11


9月に上げてもらった時は、磯の回りに、たくさんのグレがいました。
 海中映像/ノコバエ/ノコバエ/2023.09.29
その時は、ルアーとキビナゴしか持っていなかったため、このグレを狙うことができませんでしたが、今回は、上物での渡礁。
釣れる気満々だったものの、見事に撃沈。
確かに、海中映像を見る限りでは、夏の時のようなグレだらけという状況ではなく、キツが多くはなっています。
ただ、それでも、グレの姿は見えますし、釣るチャンスはあったはずで、改めて、自分の腕のなさを、情けなく思っている所です。
そして、よくあることですが、釣りを止めてから寄ってくるグレ達。
しかも、餌を食べている魚もいますから、釣るチャンスだったのではないかと。
今まで、どこにいたのか。
そして、こちらの様子が分かっているのではないのかと、思ってしまいます。

あと、ちらっとしか映っていませんし、回収する時に映り込んだものですので、分かりづらかったかもしれませんが、エイが映っています。
エイが、海中映像に映り込んでいたのは、おそらく、今回が初めて。
僕の場合、釣果のためというより、こういうのを撮りたいがために、GoProを海に入れている部分も大きいですから、こういうのが映っていますと、嬉しくなります。
ただ、欲を言えば、もっと近い距離で、もっと長い時間、映っていたら、なおよかったかなと。
さらに、クエのような大きめの魚も映っています。
8時15分頃と、10時40分頃の映像に映っていますから、同じ個体だとしますと、割と長い間、この辺りをウロウロしていたと思われます。
ノコバエは、クエの実績も高い磯ですし、今後の釣果が楽しみです。

関連記事

  1. 片島港の様子

  2. 今回の状況/2023.09.14

  3. 前回は、餌が大量に

  4. 今回の状況など/2024.03.19

  5. 手持ち用パラソル

  6. 玉の柄の尻栓が