海中映像/ノコバエ/ノコバエ/2023.09.29



ノコバエのノコバエ


沖の島を代表する磯で、上物、底物、ルアー、すべてにおいて高い実績を誇ります。
かなり久しぶりであったこともあり、期待をしながら、上がってみたものの、朝一でヒラスズキが釣れただけ。
この磯のポテンシャルを引き出すことが出来ませんでした。
ただ、海中映像には、魚がたくさん。
次に上げてもらう機会がありましたら、その時は、是非とも。

さて、今回の海中映像は、南向き(沖の方向)、東向き(大小島方向)、西向き(櫛ヶ鼻方向)の3ヶ所で、撮影しました。
8:30頃に撮影しました東向き(潮が当たってくる方向)は、若干魚が少なめになっていますが、その分、キビナゴはたくさん。
また、それ以外の時間は、朝から昼過ぎまで、魚がたくさん映っていました。
波があってサラシができており、多少見づらくなってはいるものの、まさに、求めていたような映像。
さすがは、魚影の濃いノコバエといった所でしょうか。

しかし、釣行記にも書きましたように、途中、GoProを岩に引っ掛けてしまい、危うく、この映像も見ることが出来なくなる所でした。
無事に回収が出来て、本当に良かったです。
なお、引っ掛かっている間の映像ですが、海の方を向いて引っ掛かってくれていたら、それなりに面白かったのもかもしれないものの、残念ながら、ずっと、岩が映っていました。
なお、今回の海中映像は、編集が面倒だったこともあり、少し長めになっています。


GoProなら、海中映像が簡単に撮影できます。

湧きグレも確認できていましたし、磯際でも、グレらしき魚の姿が見えていたのですが、まさか、こんなにいるとは。
これが、狙ったら釣れるグレなのかは、分かりませんが、この海中映像を見ただけで、ワクワクしてきて、上物を始めるのを前倒したくなってくるくらいです。
でも、沖の島のグレは、ノコバエの周辺から釣れ始めることあると聞きますし、台風などの影響を受けていない今の時期は、チャンスなのかも。

あと、朝一で釣れましたヒラスズキ。
ノコバエは周辺も、ヒラスズキがよく釣れる場所ですが、海中映像にも、複数のヒラスズキが映っていました。
悠然と泳いでおり、ルアーで狙うのは難しそうな気がするものの、これも、いるかいないかだけで、気持ちが違ってきます。
しかし、途中からは、ハガツオ狙いということで、沖の方ばかりを狙っていましたが、磯際を狙ってみても面白かったかも。



関連記事

  1. この後、宿毛に

  2. 今朝の岡山は

  3. 海中映像/コナダレ/2023.12.22

  4. 次の釣行からは、写真より動画を

  5. 磯割表(夕釣り対応)

  6. 海中映像/ヒカリの子/2023.07.25