海中映像/西のハナレ/2023.06.27


二並島の西のハナレ

梅雨時期のイサギ狙いでは、実績の高い磯の一つで、僕自身、3年前のシーズンには、結構な数のイサギが釣れました。
今シーズンは、多少のムラはあるものの、良い釣果を聞くことも多く、期待して上がってみたものの、十匹ちょっとという情けない釣果に。
もっとも、今回は、キビナゴをしていた時間も長かったですし、特に、気にしてはいません。
なお、この西のハナレは、冬場のグレの実績も高く、さらには、ルアーとか底物とかでも、人気がある磯です。
一見、足場が悪いようにも思えますが、荷物を上手く配置しましたら、普通に釣りが出来ます。
ただ、濡れていますと、滑りやすくもなりますので、それなりに注意は必要ですが。

今回の海中映像は、船着きの前から、三ノ瀬向き(南西向き)、鵜来島向き(北西向き)に、GoProを投入して、撮影したものとなります。
潮が速かったことあり、GoProが安定せず、映像がぶれて、見づらいかもしれませんので、ご了承下さい。

GoProなら、海中映像が簡単に撮影できます。

【GoPro公式限定】HERO11 Black + SDカード 内正規品 ウェアラブルカメラ アクションカメラ ゴープロ11 gopro11 ヒーロー11


予想通り、イサギがたくさん映っており、特に、6時過ぎは、活性の高そうなイサギがたくさんですから、これなら、簡単に釣れるはず。
というか、実際、足下付近を狙えば、よく反応してきました。
お土産を確保することが目的であれば、この中を狙うのが無難でしょうし、以前に上げてもらった際には、僕も足下を中心に狙って、数を確保していたのも事実。
ただ、この釣りが面白いかと言われますと、何とも言えないのが本音で、簡単に釣れて、しかも、単調な釣りですと、飽きがくるのも早いような気はします。
僕自身、3年前の時には、楽しみながら、数十匹のイサギを釣っていたものの、今回は、数匹で飽きてしまいましたので。
とはいえ、今回は、あまり持ち帰りたくなかったというのもありましたし、キビナゴも持ってきていましたので、純粋に、イサギ釣りを楽しむという状況ではなかったのも否定はできません。
また、この時期のイサギは、パワフルで引きも強いですから、引きを楽しむという面からは、大いにありのような気もしますし、さらに、サメがいますと、スリリングにもなり、イサギが必死で逃げる分、引きも強くなって、割と楽しめるのでは。
ですが、シーズンの終盤ということもあるのでしょうか、時間帯によっては、イサギの数が、極端に少なくなっています。
やはり、数を釣りたければ、釣れている時に、集中して、効率よく釣りをするというのは、必須かなと。
あと、さすがは、魚影の濃い西のハナレ、イサギ以外にもたくさんの魚が映っています。
そして、その中には、グレの姿も。
狙ったら釣れるのかは分かりませんが、いるかいないかだけでも大きな違い。
実際、厳しいならがらも、8月とか9月でも、グレが釣れると聞いたことがありますし、そう考えますと、オフシーズンというのは、ないのかも。
もっとも、これからの数ヶ月は、釣れるか釣れないかよりも、暑さの方が問題なのですが。


関連記事

  1. 今週は、休み?

  2. 海中映像/コナダレ/2023.12.22

  3. 次の釣行では、餌代が

  4. 今週の釣りは

  5. これからの時期のルアー

  6. 今週は