餌の準備


久しぶりの餌の解凍。 

過去のデータをもとに、昨日の夜から、部屋に出しておきました。
ただ、ボイルは、しっかり溶けてくれたものの、赤アミは、半分くらい溶けただけで、中の方は固いまま。
この時期は、日中こそ、いくらか気温が上がりますが、夜は、かなり肌寒く、さらに、冬場のように、暖房を入れるわけでもありませんから、ある意味、一番溶けにくい時期と言えるのかも。
取り敢えず、途中から、水に入れて、何とか間に合わせましたものの、もう少し早めに出すべきでした。

しかし、気温の違いなどはあるにせよ、過去のデータも、あまり役に立たないものだなと。
そう思いながら、もう一度見直してみますと、備考欄に、「溶けていなくて水の中に入れる」という表記が。
よく見ておくべきでした。
せっかくのデータも、利用する人間がポンコツでは、意味がなくなります。

これから21時まで授業をし、23時頃に、出発する予定です。
今のところ、通行止めの情報なども入っていませんし、安全運転で、宿毛に向かいたいと思います。




沖の島では、11月より磯割りが変更になります。

また、11月からは、集魚剤の使用が禁止となり、使用できるのは、ボイルと赤アミのみになりますので、ご注意下さい。


関連記事

  1. 今週は

  2. スズメバチの対策は

  3. 海中映像/黒ハエウラ/2024.07.17

  4. 今回のイサキは

  5. 沖の島の磯割りについての続報

  6. 針の再利用