次の釣行からは、写真より動画を


昨日、聞いてみましたら、まだ出船は決まっていませんでした。
ただ、問い合わせはあるようで、出船はありそうとも言われていましたので、出船があることを信じて、待ちたいと思います。
もっとも、今日は、春期講習の最終日。
夜までずっと授業ですので、そんなことを気にしている暇はありません。
授業が始まるまでに、準備だけはしておいて、出船が決まれば、すぐに行けるようにしておかないと。


さて、ここ最近は、磯の上で、ブログを書くことが減っています。
釣りに集中しようとしているというのもありますが、ブログを書くこと自体、少し面倒に感じているのも事実。
まぁ、それは、磯の上でブログを書きたくなるような釣果がないというのが、一番の原因なわけで、次の釣行では、ウキウキな気分で、ブログを書けるような魚を釣りたいものです。

でも、磯の上でブログを書かなくなった分、スマホを取り出す回数が減り、写真を撮ることも減り、前回(3/19)の釣行の際に撮った写真は、これまでで一番少なかったのではないかというくらいでした。
もちろん、これに関しましても、写真を撮るような魚が釣れなかったのが一番の原因なわけですが、写真を撮っていませんと、困るのが、翌日の釣行記。
ブログに貼り付ける写真が少なくなるというのもそうですし、撮っていた写真を見ながら、その日のタイムラインを、釣行記にすることも多いため、写真がありませんと、1日の流れを整理しにくくなってしまいます。
かといって、何もない時に、写真を撮ろうという気にはなりにくく、それなら、いっそのこと、動画を撮っておけばよいのではないかと。


これまでも、GoProで動画は撮っていましたが、1~2時間程度撮れれば十分だろうと、メモリーカードは64Gを1枚、予備のバッテリーも2個しか用意していませんでした。
実際、その日の釣りにおいて、動画に残しておきたいシーンなんて、それで十分どころか、ほんのわずか。
ただ、それを逃さず撮影するのは、ほぼ不可能。
それこそ、魚が掛かる瞬間なんて、事前にスイッチを入れておかない限り、撮影できません。
なので、今回は、電源を入れっぱなしにしておこうと思い、128Gのメモリーカードと、バッテリーを2個追加してみました。


従来のバッテリーより長持ちするENDURO BATTERYが、元々持っていた分と合わせまして4個。
これに、本体に付属していたバッテリーも加えて、合計5個のバッテリー。
途中で、何度か交換しなければならないものの、5時間以上の連続撮影が可能なはず。
もっとも、こんな感じで準備している時には、大抵何も起こりません。
それが僕ですので。
ついでに、GoProには、熱の問題もあり、長時間の連続撮影に耐えられるかといった不安もあります。
ただ、これまでよりも、長時間の撮影が可能になったのは、間違いありませんし、釣りに集中しやすくなるかなと。
それと、思わぬ映像が撮影できる可能性も高くなったわけで、これも、次の釣行の楽しみの一つです。


関連記事

  1. 赤アミの値上げ

  2. 今回の状況/2024.04.05

  3. ウキのサイズ表示が

  4. イサギの状況/2023.06.27

  5. 正露丸を…

  6. 磯割表を更新しました。