イサキの食べ方


沖の島には、美味しい魚がたくさんいるのですが、いくら美味しくても、釣れなければ、食べることができません。
それこそ、尾長グレなんて、たまに、小さめの物を食べることができるくらいで、メチャクチャ美味しいという噂の大型尾長なんて、いつになったら食べることはできるのか。
冗談抜きで、食べることが出来ないまま、釣りをやめてしまうのではと思うくらいです。
また、ルアーをあまり投げなくなったこともあり、カンパチなどの青物は、しばらく食べていませんし、ここ最近は、アカハタなどの根魚も、釣るのが難しくなっています。
ただ、そんな中、僕でも釣れる美味しい魚がイサキ。


しかも、今の時期のイサキは、脂が乗って抜群に美味しくなっており、いくらでも食べたいというのが本音。
なので、当然、明日もイサキ狙いでいくつもりです。

ちなみに、イサキは捌きやすい魚で、色々な食べ方があるのですが、僕が一番好きなのは、文句なしに、塩焼き!!


脂が乗って、身がふわふわのイサキは、いくらでも食べられ、ここ最近は、1回の食事で3~4匹食べるなんてことも、珍しくなくなっています。
そして、明日イサキが釣れたら、まずは塩焼きで食べようと思っている所です。

また、ここ最近は、煮付けもよく食べています。


これまでは、脂の乗ったイサキを、煮付けにするのが勿体ないような気がして、この時期に、煮付けにすることは避けていたのですが、当然のことながら、煮付けにする場合も、脂の乗った魚の方が美味しいのは間違いありません。
また、煮付けの場合、自分の味付け次第で、美味しさも変わってきますし、それがまた楽しくて。
なので、明日は、煮付けにする分も確保したいと思っています。

あと、先日は、中華風の炒め物にもしてみましたが、これは微妙。


美味しくなかったわけではありませんし、むしろ、美味しかったのも事実です。
ただ、ここまでしてしまいますと、脂の乗ったイサキでなくてもよいのではというのが本音かなと。

なお、刺身とか、たたきとかも好きなのですが、ここ最近は、仕事の日程が詰まっていることが多いため、食べるのを避けています。


関連記事

  1. 沖の島の磯割りについての続報

  2. 海中映像/東のハナ高場/2023.06.09

  3. 片島港の様子

  4. 磯割表を更新しました(2023.09.07)

  5. 海中映像/東のハナ低場/2024.01.09

  6. 半端ない疲労感