間もなく、上物のシーズンに


10月に入り、上物のシーズンが、すぐ目の前に迫ってきました。
となりますと、キビナゴとルアーだけで行くのも、あとわずか。

ルアーはともかく、キビナゴでは、まともに釣っていませんし、さすがに、このままでは残念ですから、少しは釣ったという実感を感じておきたいというのが本音。
ただ、釣りたいと思って釣れるようであれば、こんなことにはなっていないわけで、そんなに期待はできないでしょう。
それに、今は、ルアーが面白いですし、周りを見ていましても、ルアーの方が、釣果が上がっているようですから、今シーズンのキビナゴは、このままフェードアウトしていく可能性も否定はできません。
ですが、その一方で、今年は水温が高めとなっているため、例年より遅くまで引っ張ることも。
まぁ、僕の場合、何をやっても、釣れないわけですし、その時々で、やりたい釣りをすればよいのかなと。

あと、11月以降の餌(集魚剤の使用)について。
再び、集魚剤の使用が禁止となる可能性が高いようですが、どうなのでしょう。
ちなみに、僕的には、以前の状態に戻して欲しいというのが本音。
ただ、それは、釣れるかどうかといったことではなく、赤アミとボイルしか使えないエリアというのが、特別な場所という感じがして好きということ。
それと、何を使ってよいかを考えなくてもよい分、気楽なのも事実かなと。
もっとも、集魚剤が使用禁止になるかどうかに関係なく、今シーズンも、赤アミとボイルだけでやっていくつもりでしたから、残っていました集魚剤は、前回の釣行の際、いつもお会いします知り合いの方に引き取って頂きました。

正直、邪魔になっているだけでしたので、引き取って頂いて、助かったというのが本音です。
そして、たくさん買ってストックしておこうなどと思わないで、正解だったかなと。

ですが、取り敢えず、今週の釣行は、ルアーとキビナゴだけで行きますので、今度こそ、ハガツオをと、期待でしている所ですが、僕の場合、釣ろうとすればする程、釣れなくなる傾向がありますから、運が良ければくらいのスタンスで構えておこうかなと。


関連記事

  1. がまかつさんのウェアは

  2. 結局、8月は

  3. 日曜日に行くことにしました。

  4. 海中映像/ノコバエ3番/2024.04.10

  5. 沖の島でのシューズについて

  6. 英断と信じましょう。