片島港の様子


前回の釣行の際、片島港では、桜が咲いていました。


散ってしまった後だったのか、まだ咲き始めだったのか、満開という感じではなかったものの、取り敢えず、今年も、片島港の桜を見ることができました。
年中通ってきている身としましては、季節を感じられる出来事は、逃したくないというのが本音。
見ることができて、よかったです。
ちなみに、この日は、到着した時の片島港は、ガラガラ。


駐車スペースもたくさんありましたので、取り敢えず、空いているスペースに駐車。


が、よく見ますと、ここは桜の木の下。
釣りから帰ってきた時に、車が、桜の花びらだらけになっている可能性も否定できません。
なので、桜の木が無い場所に、停め直しておきました。


ただ、せっかくですし、より季節感を感じるために、桜の木の下に駐車してもよかったかも。

あと、定期船乗り場で発見したのですが、定期船がドック入りとのこと。


あれくらいの大きな船になりますと、期間も長いのだなと、少しびっくり。
でも、この4月5日というのは、僕が沖の島に行っていた日。
この貼り紙に気付いたのが、帰港後でしたので、気にしていませんでしたが、裸島から見えていた船は、代船の「レインボーのしま」だったということ。
出船時にも、普通に素通りしていましたし、片島港に戻ってきた時間は、定期船が留守の時間。


次の釣行の際には、よく見ておこうと思います。
もっとも、「定期船おきのしま」がどんな船だったか、はっきりとした記憶がありませんし、そもそも、去年、新しい船になったことすら知らなかったのですが。

なお、その次の釣行は、明日にしました。



関連記事

  1. 余った餌は

  2. 海中映像/東の1番/2023.11.30

  3. 出船/2024.03.04

  4. 海中映像/三ノ瀬スクモ/2023.06.20

  5. 間もなく、上物のシーズンに

  6. 釣行予定/2023.08.06

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031