持っていく氷を


クーラーボックスに入れていく氷。
僕は、すべて作っていくようにしています。

氷って、釣具屋さんとかコンビニとかで買いますと、結構な値段ですし、僕の場合、車の助手席に置いています飲み物用のクーラーボックスも含めますと、3~4個のクーラーボックスを持っていっていますので、それぞれの氷を買っていましたら、洒落になりません。

また、割安で買うことが出来ていました漁港も、購入できなくなっていっていますし、それなら、自分で作っていった方がよいかなと。
確かに、手間も掛かりますし、水代とか冷凍庫の電気代なども掛かりますが、それでも、購入するよりは、遥かに割安なのは間違いありません。

僕の場合、年間の釣行回数が、40回を越えますので、1回につき500円浮いたとして、年間で2万円以上。
実際、複数個のクーラーに入れる氷を買っていましたら、500円どころか、1000円を超えても不思議ではありませんから、結構な節約になっているはず。
それに、作っていく氷は、溶けたときに海水が薄くならないよう、塩水を凍らせた物にしています。
もっとも、これの効果がどうなのかは分かりませんが。

なお、ここ最近は、このセブンイレブンさんの氷も使っています。
これを買ったのは、プールに行った時ですから、先々月の21日。
もちろん、何度も溶けてしまっているのですが、その都度、洗って、再冷凍。
プールで1回、その翌日のおもちゃ王国で1回、さらに、釣りに6回持っていっており、今回が7回目。
300円くらいした氷でも、ここまで使えば、十分に元を取ったといえるのでは?


沖の島では、11月より磯割りが変更になります。

また、11月からは、集魚剤の使用が禁止となり、使用できるのは、ボイルと赤アミのみになりますので、ご注意下さい。




関連記事

  1. 海中映像/東のハナ高場/2023.10.31

  2. 今回の状況/2024.06.27

  3. 今週は、明日行くことに

  4. 沖の島の磯割りについての続報

  5. 餌の解凍用のトロ舟

  6. スズメバチ対策