間もなく、10万km


今の車が納車されたのが、2020年の12月


それから、3年と3ヶ月。
この間の沖の島釣行が、136回。
つまり、それだけの回数、宿毛との間を往復したということ。
そして、走行距離が、前回の釣行後の時点で、


99593km!
次回の釣行時に、10万kmに到達することが濃厚です。

そして、これまでと同様に、写真を撮りたいと思っているのですが、今回は、99999kmと100000kmの二つを撮らないといけませんので、到達する場所、時間をよく考える必要があります。
高速道路上は論外として、一般道の車を停車しやすそうな場所で、走行量の少ない夜間に到達するのが望ましいということ。
ちなみに、出発するまでに、家と塾の往復以外をしなかった場合、片島港に到着した時点での走行距離は
月曜日なら、約99967km
火曜日なら、約99986km
水曜日なら、約100004km
木曜日なら、約100022km
となる予定。
ですから、釣行日を月曜日か火曜日にすれば、片島港で到達するように、調整することも可能。


片島港に99999kmで到着し、それを撮影した後、約500m走って、引き返してくれば、100000kmの撮影も、片島港で行えますので、安全面を考えましても、それが良さそうですが、火曜日は雨の予報。
出船があるかどうかは、何とも言えない所。
となれば、月曜日。
出発前に、約30kmの調整走行が必要ですし、日曜日の翌日ですから、多少面倒なのは事実ですが、こちらは、出船があるはず。
また、水曜日以降も、出船があるかどうかは分からず、それこそ、釣行が翌週になりますと、100000kmの到達が、高速道路上になる可能性も出てきますので、月曜日に行くのが無難かなと。
というか、月曜日は二並島の日ですから、元々、ここを本線に考えていたのですが。

ちなみに、片島港までの片道の距離は、
純正タイヤの時が、約279km
ATタイヤに交換してからが、約275km
スタッドレスを履いている時が、約285km
そこそこの違いがありますので、実際の走行距離とメーターの距離には、誤差が生じているはず。
また暇があれば、すべて純正タイヤで走ったと仮定した場合の距離を出してみようと思っています。


関連記事

  1. 今日はこれから

  2. 食事と運動-44(3/17~3/23)

  3. 昨日は、洗車に

  4. あと1週間

  5. 食事と運動-45(3/24~3/30)

  6. 冬用タイヤ規制