沖の島の磯割りについての続報


ギリギリまで待ったのですが、残念ながら、今日の出船はありませんでした。
といっても、昼過ぎからは、今日(木曜日)の出船を諦め、明日(金曜日)行く方向に、シフトチェンジしていました。
で、その明日の出船ですが、これも、まだ決まっていません。
お一人の問い合わせがあるようですので、僕とあわせまして、2名の予約が入っている状態。
あと一人くらいなら、何とかなるのではないかなと。
もっとも、今日も、そのあと一人が決まらなくて、出船がなかったのですが。

なお、問い合わせの、電話をした際、何時頃までなら大丈夫かと聞かれ、「9時(21時)くらいなら大丈夫です」と答えましたら、笑っておられました。
まぁ、21時なんて、地元の方でも、ギリギリのような時間。
片道300kmの岡山に住んでいる者が、簡単に対応できるような時間ではないですから、当然と言えば当然かなと。
もちろん、僕にとっても、ギリギリの時間ですが、間に合う時間であれば、当然、行きます!

なお、昨日も書きました磯割りの件ですが、こちらも、確認しておきました。
やはり、一軒の渡船やさん(沖の島渡船さん)がやめられるようで、11月からは、5つの渡船やさんで回していくとのことです。
磯の区分につきましては、後日、改めて書こうと思いますが、ざっと書いておきますと、大小島回りが一ツバエ回りに合わさり、一ツバエ回りでしたソトガシラなどの一部の磯が二並島回りとなり、母島の堤防が三ノ瀬回りにといった感じです。
地図の方も、近いうちに変更しようと思っていますので、ご確認下さい。
あと、磯割表は、新しい表に更新してありますが、あくまで暫定版となります。
これを元にして、トラブル等が生じたとしましても、一切の責任を負いませんので、ご了承下さい。

しかし、沖の島渡船は、若い船頭さんに変わって、まだまだ続いていくものと思っていましたので、少しびっくりです。
そして、この磯割りの変更は、僕にとっても、大きな問題となってきます。
これまでは、同じ磯回りの日で行こうと思えば、中5日での釣行だったのですが、磯の区分が一つ減ったことで、これが中4日になってしまい、例えば、二並島回りの日に行き続けようとしたら、中4日での釣行が続いてしまうということ。
さすがに、これは、厳しいですから、他の磯回りの日に行くことも考えていかないと。
また、僕は、磯回りを元に、授業の日程を組んでいますので、これも狂ってきます。
なので、昨日中に、11月から来年の3月までの釣行予定日(授業を休みにする日)を変更しておきました。
ただ、他の磯回りと比べ、出船の可能性が低かった大小島回りがなくなったことで、出船のない日が減ることになるはずですので、今回の磯割り変更は、僕にとって、好都合と言えないこともありません。

今回の磯割り変更、最初のうちは、少し混乱するかもしれませんが、すぐに慣れるでしょうし、いずれにせよ、僕にとって重要なのは、岡崎渡船の出船があるかどうか。
船が出るなら、僕も行くという、それだけかなと。

関連記事

  1. 結局、8月は

  2. アニサキスライトの出番なし

  3. レインウェアを交換

  4. これからの時期のルアー

  5. 出船/2023.10.26

  6. 海中映像/東のハナ高場/2024.03.19