霧による通行止め


高知道の大豊~南国の区間は、霧の多い区間で、霧による速度規制が入ったことが何度もあり、規制が入っていなくても、制限速度で走るのが怖いと思うような状況も珍しくありません。
視界が悪い中での運転は、通常の数倍は緊張しますし、なるべくは避けたい所ですが、事前に分かっているならともかく、どうしようもないケースが大半であるのも事実。
そして、先日は、その大豊~南国の区間が、上下線とも、霧のために通行止めになっていました。


通行止めになっていたのは、7月1日(月)の2時頃から7時頃まで。
割と長い時間、通行止めになっていたようです。
最初にも書きましたように、霧による速度規制というのは経験がありますが、通行止めになったと聞いたのは初めて。
余程の霧だったということでしょうか。
ちなみに、この通行止めがあったのが、僕が宿毛に向かう前日。
僕が行く時にも、通行止めになるのではと、かなり不安でした。
霧が出やすいのは、深夜から早朝ですし、早めに出発するという手もあるのでしょうが、僕の場合、授業が済んでからの出発となり、急な変更は出来ませんので、通行止めにならないことを願うくらいしかできません。
釣りにおいて、気象条件は切っても切り離せないもの。
釣りをしている時だけでなく、行き帰りの道中にも、十分な注意を払わないといけないということでしょう。


実際、これは霧によるものではありませんが、降雪を見誤ったことで、とんでもない迂回を強いられたこともありますので。


関連記事

  1. 今日は、人間ドック

  2. 仁井田米を食べてみました。

  3. 食事と運動-58(6/23~6/29)

  4. 88888kmも無事に。

  5. 釣りがない休日は

  6. 今日も安全運転で