この時期のイサキ釣り


今回も、東のハナの周辺は、イサキがたくさん。


かなり速い下り潮でしたので、釣りにくいかなとも思いましたが、関係ありませんでした。
餌を撒けば浮いてきますし、浮いてきた中に仕掛けを入れたら、掛かります。

釣行記にも書きましたように、使っていた竿は2号の竿。
3号の道糸に、針は掛かりすぎ尾長の8号。
尾長狙いのような仕掛け。
また、ハリスにいたっては、くじ引きのように、ポケットに手を突っ込み、出てきたハリスを使っていたという。
ちなみに、ハリスの長さは50cm~1ヒロくらい。
状況にあわせて変えたというわけではなく、1ヒロくらいから始めて、傷がついたりしたら、その部分を切っていって、50cmくらいになったら交換していました。
しかも、その短いハリスに、G5~G2のガン玉を、3~5個くらいつけていましたから、メチャクチャな気も。
ただ、そんないい加減な仕掛けでも簡単に釣れてしまうのが、この時期のイサキ。
釣りとしての面白さには欠けると言わざるを得ないものの、普段、魚を釣ることが少ない僕にとって、竿を曲げる楽しさを味わえる貴重な時期です。


なお、当番船の見回りの際、ヒカリの子では釣れていないという声が聞こえてきました。
よく釣れているといっても、当たり外れはあるようです。
ただ、釣り方にも問題があるのではと思うこともあるのは事実。
一般的なイサキ狙いというのがどうなのかは分かりませんし、沖の方に流していっても釣れるのでしょうが、期待度が高いのは足下のはず。
実際、当番船の船頭さんが、「流したらいけんで、足下釣って!」と叫んでおられました。


あと、赤アミが高騰しているとはいえ、餌は多めに撒いた方が正解ではないかと。
東のハナの高場、低場でイサキがよく釣れるというのは、魚自体が多いというのもあるのでしょうが、尾長狙いを想定している分、餌を多く撒いているからというのもあるはず。
また、この時期は、餌取りも多く、餌を撒いた時、イサキだけが浮いてくるわけではなく、餌取りも寄ってきますし、むしろ、餌取りの方が多いことも珍しくありません。
ですが、少しでもイサキが混じっているなら、イサキの方が先に食ってくることも多いため、僕は、躊躇なく、仕掛けをぶち込みます。
さらに、サメの真上に仕掛けを入れるのも有効。
サメが寄ってくれば、イサキだけでなく、餌取りも散っており、サメが過ぎ去った後、再び戻ってくるのは、イサキの方が早いことが多いため、そのままヒットに持ち込めることも。
しかも、サメを避けるために、掛かったイサキがとんでもない勢いで、磯際に逃げていき、いつも以上の引きを楽しめたりもしますし、個人的には、サメがいる時間は、割と好きです。


といった感じで書いてみましたが、あくまで、これは僕の釣り方。
釣り方、楽しみ方は、人それぞれ。
ただ、美味しいイサキを釣るチャンスの時期であるのは間違いありませんし、足を運んでみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 海中映像/三ノ瀬スクモ/2023.06.20

  2. 来週は、いつ行けるのか?

  3. 出船/2024.07.02

  4. アウェー感を…

  5. 今週の釣りは

  6. 今回の状況/2024.03.19