沖の島釣行 118回目(2019年08回目)


沖の島釣行 118回目(2019年08回目)

2019年02月21日(木)
岡崎渡船/二並島
裸島船着き(二並島)
出船 05:30 納竿 14:30
乗船客 11名
曇り
最高 15.2℃ 最低 6.3℃(宿毛)
水温 17.3℃
潮 下り/上り (大潮)

僕は、基本的に単独釣行なのですが、気心の知れた仲間との釣行って、楽しいのだろうなと思うこともあります。
ただ、沖の島って、意外と、単独釣行の方が多いのも事実で、今回も、僕以外の10人のうちの6人が単独釣行の方でした。
一人では不安という方もおられるかもしれませんが、沖の島、鵜来島の渡船やさんの場合、船長さんが、とにかく親切ですし、常連さん達からも、サポートしてもらえますので、恐れずに、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

さて、今回は、二並島回り。
上げてもらう磯は、いつものように、船長にお任せとし、上げてもらったのは、裸島船着き。
 磯の紹介 裸島船着き/二並島

上物、底物、ルアー…何でもありの一級磯。
グレ、イサギの実績も高く、大型尾長の釣果を聞くことも。
正直、何から始めればよいのか、迷う所でもありますが、渡礁の際に、船長から、ヤズ~ハマチクラスの青物が回っているという情報を教えて頂いたため、取り敢えず、ルアーから始めていることに。
それに、裸島の船着きは、ヒラスズキの実績も高い磯、ルアーを投げない選択はありませんし、さらに言いますと、朝のうちは、少し風が強い予報になっていましたので、それは収まるのを待つという意味でも、ルアーを投げるというのはありなのかなと。
ということで、ヒラスズキタックルを握って、船着きからナダレまでを、一往復。
が、青物も、ヒラスズキも、気配なし。
そして、ここの移動って、とにかく、疲れるんです。
今回も、上物を始める前に、相当な体力を使ってしまいました。
で、ルアーを片付け、上物に入っていくわけですが、裸島の船着きは、とにかく、餌取りが多い磯。
もちろん、今回も例外ではなく、磯際には、シラコダイがたくさん。

さらに、少し沖の方にあります潮目の周辺は、ダツの巣窟。

最初のうちは、ブログネタにと、写真を撮ったりもしていましたが、あまりにも酷くて、すぐに嫌になりました。
もっとも、餌取りすらいない海よりは、魚がいる分だけマシとも言えますし、弁当船の直前からは、湧きグレも姿を見せるようになります。

この湧きグレが、釣れるかどうかはともかく、グレが見えているだけで、気持ちが盛り上がるのも事実。
なので、弁当船での磯代わりはせず、後半戦も、この裸島で続行します。
なお、湧きグレにつきましては、僕の腕では、食わすことが出来ず、さっさと諦め、磯際狙いに変更していましたら、本日1匹目のグレ!

37~38cmくらいの、尾長
一般には、コナガと呼ぶのか、あるいは、その呼び方すらしないのかは、不明ですが、取り敢えず、僕にとっては、十分なサイズの魚。
しかも、尾長って、これ位のサイズであっても、かなり美味いですから、ありがたくキープさせて頂くことに。
そして、これを釣り上げた直後から、魚の活性が一気に上がり、たくさんのシラコダイを蹴散らすように、ガンガンと食い上がってきます。
グレではなく、キツがということですが。
ただ、それでも、我慢して釣っていれば、いつかはグレが釣れるかもしれませんし、我慢をしながら、磯際でキツと格闘していたのですが、なかなかグレには辿り着けず、さらには、湧きグレの帯が、異常に長くなってきて、かなり近い所まで接近してきましたので、再び、湧きグレ狙いにシフトチェンジ。先程もそうでしたように、僕の腕でこれを食わすのは、難しいと分かっていますが、すぐ目の前に湧きグレがいるわけで、ついムキになってしまいます。
そして、時間だけが過ぎていき、気付けば、13時前。
残り時間はわずかです。
なので、ここで、少し目線を変えてみて、湧きグレの帯の少し手前を、少し深めのタナで狙ってみますと、何かがヒット!
まぁ、何かといっても、グレなのですけどね。

しかも、割とよいサイズですから、これで、ほっと一安心。
さらなる1匹を目指し、釣りを再開しますと、掛かってきたのは、グレでも、イサギでもなく、青物。

朝、船長が言われていたのは、このことだったのでしょうか。
ヤズクラスの青物が、掛かってきました。
狙っていこうと思うようなサイズではありませんし、それこそ、上物ですので、あまり歓迎はしたくないものの、そこそこの引きですので、割と楽しめるのも事実。
そして、最後の1時間は、このヤズ祭り。
ガンガン当たってきて、最後の方は、やり取りもいい加減となり、バラしまくり。
でも、たまには、こういうのも、面白いかも。

ということで、ヤズは1匹だけキープ。
グレも、2匹キープし、珍しく、魚を並べた写真まで撮ることができました。
また、知り合いの方も多く、たくさんお話ができ、楽しい時間を過ごすことができましたので、今回の沖の島釣行も、大満足です。

取り敢えず、今回は40cmの口太グレが釣れましたので、岡崎渡船さんのグレダービーにも登録ができ、これで、6匹目の登録。
1年目で6匹は上等なのでは?
もっとも、これだけの回数行っておいて、まだ6匹というのは、情けない気もしますが。
ちなみに、中村フィッシングさんのだーびーも、無事登録完了。

こちらは、8回目の登録
ギリギリサイズの魚も、たくさん含まれていますが、それでも、検討している方かなと。

さて、次は、木曜日か金曜日に行く予定にしています。
ただ、磯回りが微妙ですし、船長の都合で、木曜日の出船はないかもしれないとのことでしたので、どうなるでしょう?



関連記事

  1. 沖の島釣行 079回目(2018年10回目)

  2. 沖の島釣行 064回目(2017年28回目)

  3. 沖の島釣行 350回目(2024年20回目)

  4. 沖の島釣行 352回目(2024年22回目)

  5. 沖の島釣行 346回目(2024年16回目)

  6. 沖の島釣行 049回目(2017年13回目)