赤アミが値上げになった分



赤アミの値上げは、確かに痛いのですが、愚痴を言ったからといって、赤アミが安くなるわけではありませんし、マイナス面だけを考えていてもつまらないのは事実。
どうせなら、これをチャンスと捉えていくことは出来ないものかと。


まず、餌代そのものの節約。
余った餌を持ち帰るようにするのはもちろんとして、餌の使用量を抑えることが出来れば、餌代の負担は軽くなります。
撒くべき時、撒いても無駄な時を完全に見極めるのは難しいとして、ある程度でも分かってくれば、無駄な餌撒きを減らすことができるはず。
また、餌を撒く場所、餌の撒き方など、改善する余地はいくらでもあるわけで、釣りの腕を磨く良い機会と思うのもありでしょう。


次に、餌代を確保するための節約。
僕は、たばこも吸いませんし、お酒も飲みませんが、そういった物を止めたり、減らしたりするきっかけにはなると思いますし、それこそ、ダイエット(減量)のチャンスではないかと。
また、釣りに行く際の、行き帰りの運転。
ここにも節約の余地があり、深夜割引きとかの適用もそうですし、速度を抑えることで、数百円程度なら、簡単に節約ができるはず。もちろん、これ以外にも、節約のポイントはいくらでもあるわけで、何もない時より、釣りに行くためと思える分、頑張ろうという気持ちになれる気はします。


そして、もう一つ。
餌代の値上げ分を稼いでしまうこと。
稼ぎ方は色々でしょうが、例えば、ブログ。
このブログも、本気でアフィリエイトをしているわけではなく、Googleさんの広告を貼るのが中心ですし、他のサイトなどと比べますと、広告の数自体をかなり少なくしているつもりですが、餌代の値上げ分くらいにはなっています。
僕のブログでそうですから、もっとアクセス数の多い人気のあるブログなら、結構な額になるはず。
慣れてくれば、連続して投稿するのも苦にはならなくなりますし、チャレンジしてみてはどうでしょう。
ちなみに、これにつきましては、また書こうと思っていますが、小遣いを稼ごうと思うなら、アメブロよりもWordPressにした方が断然有利です。

まぁ、餌代の値上げも、考え方次第。
前向きに考えていかないと損かなと。
というか、釣りをやめたくはありませんし、何とかするしかありません。
取り敢えず、明日の釣行の際も、余った餌は、きっちりと持って帰ろうと思っています。

なお、赤アミ(4kg)の値段は、1300円くらいのお店が多くなっていますが、これよりも安く販売されているお店もあるようで、1000円を切るようなお店も。
ただ、いつまでその値段で販売されるのかも分かりませんし、一応、お店の名前は伏せておきます。
ですが、高知県外のお店も含め、安いお店を探してみるのも面白いかも。


関連記事

  1. これから、宿毛に

  2. イサキの状況/2024.06.07

  3. 今回の状況/2024.10.12

  4. 動画を載せるのを忘れていました。

  5. 出船/2024.01.19

  6. 今回の状況/2024.01.26

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930